小山実稚恵 ピアノ・リサイタル チラシ表
 
小山実稚恵 ピアノ・リサイタル チラシ裏

「小山実稚恵のショパン」
小山実稚恵 ピアノ・リサイタル

2月17日(土)発売
名実ともに日本を代表するピアニスト・小山実稚恵
留まらぬ成長を続ける彼女の今をオール・ショパンで聴く喜び

公演日・開演時間

2018年7月28日(土)2:00開演

会場 横浜みなとみらいホール
席種・料金/残席状況 全指定席 4,500円
シルバー(65歳以上)
4,100円
舞台後方席 3,000円
出演者 小山実稚恵(ピアノ)
前売り所
主要プレイガイドで発売

チケット申し込み



【オール・ショパン・プログラム】
ワルツ第3番 イ短調 op.34-2「華麗なる円舞曲」
ワルツ イ短調(遺作)
ワルツ第7番 嬰ハ短調 op.64-2
ワルツ第6番 変ニ長調 op.64-1「小犬のワルツ」
ワルツ第2番 変イ長調 op.34-1「華麗なる円舞曲」
舟歌 嬰ヘ長調 op.60
アンダンテスピアナートと華麗なる大ポロネーズ op.22
ノクターン第20番 嬰ハ短調(遺作)
         「レント・コン・グラン・エスプレッショーネ」
ノクターン第21番 ハ短調(遺作)
ピアノ・ソナタ第3番 ロ短調 op.58


昨年秋に紫綬褒章を受章し、今や名実ともに日本を代表するピアニストのひとりとして広く知られる小山実稚恵。横浜みなとみらいホールでは実に3年振りとなる待望のソロ・リサイタルが実現だ。
これまでも数多の名演を各地で残し、録音したCDは実に30枚。ショパン、チャイコフスキー、ロン=ティボー等のコンクールでは審査員を務め、そして昨年11月には12年間24回リサイタルシリーズ「ピアノで綴るロマンの旅」を終え更なる世界へと歩み出す…。なんだかすごく遠くへ行ってしまったかのような経歴だが、彼女の演奏はいつでも、不思議とほっとさせてくれる。瞑想的な作品で深淵へと迫り、情熱的な演目では心揺さぶられ、魂を燃やすような激しい曲で圧倒された後でも、立ち上がって客席へ振り返った彼女の笑顔をひとたび見れば、誰もがあたたかな気持ちになる。このギャップこそ、昔も今も変わらない小山実稚恵ならではの魅力である。
偉大なキャリアを積み上げつつ、彼女が「心の友」と呼ぶ音楽との旅は、まだまだ終わらない。更なる高みへと歩み続ける小山実稚恵の久々となる横浜公演に、今から期待したい。

●公演の日時、会場、出演者、演目・曲目等につきましては、チケットをお買い求めの際にいま一度ご確認ください。
●残席状況は最新のj状況を表示するように努めておりますが、現状と異なる場合もありますことを予めご承知おきください。
●本サイトにおけるチケット料金の誤植等による誤りについては、全て券面に表記されたものを正価といたします。
●チケット価格表記は全て消費税込みです。 ●特別な表記がない場合、未就学児童の入場はお断りいたします。
 会社案内