プラハ交響楽団&樫本大進 チラシ表
 
プラハ交響楽団&樫本大進 チラシ裏

ピエタリ・インキネン指揮プラハ交響楽団&樫本大進
ニューイヤー名曲コンサート

7月7日(土)発売
これが聴きたかった!樫本大進による、渾身のブラームス!
やっぱりこれも聴きたい!プラハ響による、本家の「新世界より」!

公演日・開演時間

2019年1月6日(日)2:00開演

会場 横浜みなとみらいホール
席種・料金/残席状況 S席 16,000円
A席 13,000円
B席 9,000円
C席 5,000円
S席シルバー(65歳以上)
15,000円
A席シルバー(65歳以上)
12,000円
出演者 ピエタリ・インキネン(指揮)
樫本大進(ヴァイオリン)
プラハ交響楽団
前売り所
主要プレイガイドで発売

チケット申し込み
※発売前はリンクがつながらない場合があります


ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.77
ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 op.95「新世界より」


2015年より世界が注目する気鋭指揮者、ピエタリ・インキネンを首席指揮者に迎えて以来、もともとの大らかな響きに加え緻密さ、構成力、更には情熱の面においても、ここにきて更なる成長を見せるプラハ交響楽団。今回はそのインキネンの古くからの友人でもあり、我らが日本人の誇り、樫本大進と注目の共演を果たす。
ソリストとして世界を駆け巡っていた樫本大進だが、ベルリン・フィルのコンサートマスターに就任以来、その音色は更に深みを帯び、曲の解釈はより重厚さを増して、そして一段とスケールが大きくになったことに異論はないだろう。そんな彼を、史上もっともシンフォニックなヴァイオリン協奏曲でもあるブラームスの協奏曲で聴けるのだから、こんな贅沢はない。まさに待望の1曲である。
そしてプラハ響による本場の「新世界より」は何度でも聴きたいレパートリーだ。ドヴォルザークと同郷のオーケストラとともに、期待の若手から中堅へと差し掛かるインキネンが、この超名曲をどう聴かせてくれるか。今から期待が抑えられない。

●公演の日時、会場、出演者、演目・曲目等につきましては、チケットをお買い求めの際にいま一度ご確認ください。
●残席状況は最新のj状況を表示するように努めておりますが、現状と異なる場合もありますことを予めご承知おきください。
●本サイトにおけるチケット料金の誤植等による誤りについては、全て券面に表記されたものを正価といたします。
●チケット価格表記は全て消費税込みです。 ●特別な表記がない場合、未就学児童の入場はお断りいたします。
 会社案内